ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-
ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-

ウルトラリープ 3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ-

36,000 円 (税込39,600 円)
(0point)

↑ ↓

納期:約1週間


※当サイトでは日本国内の法人のお客様のみご購入いただけます。個人でご使用されるお客様につきましては、Amazonからご購入いただけますようお願い申し上げます。
Amazon購入ページ


・ウルトラリープ3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ- は、非接触で手指の3次元情報を出力するSIR170のカバー付きモデルです。
・視野角:水平垂直170°x 170°、検出距離:10cm〜75僉丙蚤1m程度)と認識範囲が広く、同時に両手の手指を検出、タップ操作のみならず、ピンチ、カーソル操作、更にはグー/チョキ/パー等の複雑なジェスチャーもスムースな認識が可能です。
・既存のタッチパネルや物理ボタンの代替として、サイネージ、キオスク、POS、エレベータボタン、AR/VR、車載インタフェース等、様々な用途に応用可能です。
・SIR170モジュール全体を覆うケース/カバー(IP54取得済み)が付き、埃・塵や雨・水飛沫程度であれば機器、動作への影響・心配が不要な機材となります。
マウントキットが付属しており、設置や角度調整も容易です。

 
製品仕様 FOV170°× 170°
・検出距離:75cm(最大1m程度まで検出可能)
・フレームレート:90 fps
・サイズ:幅132mm×高さ14.5mm×奥行き32.0mm(ケースを含む)
・電源:USBインタフェース

・最小システム要件:
Windows® 10, 64-bit, Intel® Core i3 processor 5th Gen
 (must support AVX instructions), 2 GB RAM, USB 2.0 port.
※現時点でWindows OSのみの対応となります

IPIP54
・付属品:USBケーブル、マウントキット(三脚)
・ソフトウェア:SDK V4.1以上
(※Gemini推奨:https://developer.leapmotion.com/tracking-software-download
・非接触入力アプリケーション”TouchFree”対応
(※TouchFreehttps://developer.leapmotion.com/touchfree
使用用途・
目的
デジタルサイネージ
キオスク端末
衛生 (エレベータ、トイレ、医療のボタン等)
家電製品 (白物家電、コンロ等)
エンターテインメント (LBEAR/VR、遊技機等)
人材教育(医療教育、ハンズオン等)
車載 (オーディオ/空調等のコントローラ)
カタログ・資料 ウルトラリープ3Di -ステレオハンドトラッキングカメラ- データシート
関連情報 ウルトラリープ社ご紹介
関連動画 快適な非接触入力を実現: https://youtu.be/tCLmmTk4S90
タッチレス入力ソフトウェア ”TouchFree”: https://youtu.be/_utTJ96NM48
最新SDK ”Gemini”: https://youtu.be/Llvh4GBpnVA
技術紹介動画: https://youtu.be/Wr1uGh8EmVk
関連製品
ご紹介
 【非接触ハンドトラッキングセンサ】 Leap Motion Controller™
 カメラモジュール開発キット Stereo IR 170(SIR170)
メーカー情報 https://gigaplus.makeshop.jp/ctlecommerce/CTL_products/Logo_Ultraleap2.png
 

英国ウルトラリープ社(旧ウルトラハプティクス社、及び、リープモーション社)は、超音波を利用し、何もない空中で触れる感覚をつくり出す「バーチャル触感」を開発しました。トラッキングセンサとの組合せにより手やジェスチャーのトラッキングも可能なため、「触れるジェスチャー操作」という新しいユーザーインターフェースを実現します。 AR/VR、ホログラム等との相性もよく、様々な形状の3D仮想オブジェクトも作り出せるため、ジェスチャー操作に限らず、ゲームや広告・製品開発・教育・医療など、あらゆる分野への応用が期待されます。 また、20195月、米国リープモーション社を新たな一員に加え、今後様々な分野で空中ハプティクスとのコラボレーションがより一層加速することが期待されています。
 
オフィシャルサイト
FAQ ・ライセンスについて
Ultraleap社のハンドトラッキング製品を商用利用される際、製品本体とは別途ライセンス費用が発生いたします。(基本的にはハードウェア1式辺りのライセンス)
詳細に関しましては、弊社までお問い合わせください。
Tel: 03-5427-7564
Mail: ctl-comm@cornes.jp